コロナ禍の作業所。通販で応援しませんか?7割の障害者施設が、生産低下で収入減に

コロナ禍の作業所。通販で応援しませんか?7割の障害者施設が、生産低下で収入減に

スーパーなどは空いている時間を利用し、列は1人で間隔を開けて並ぶ。不要不急の外出は避け、待てる買いものは通販で。新型コロナウイルス感染拡大の影響により、買いもののスタイルが変わった人は多いと思います。

買いものや外食の頻度が下がったことに、多くの飲食店・販売店で今まで通りの活動ができなくなりました。しかし家で過ごす人に向け、デリバリーやネットショップなど、形を変えて商品を提供する店舗が増えています。家で過ごす私たちに便利なネットショップは、コロナ禍で店舗に商品が出せない人たちの力にもなっているのです。

飲食店や販売店だけでなく、障害者が食品や手芸品などを生産する作業所も、以前のように作業や出品のできない状況が続いています

きょうされん(旧称:共同作業所全国連絡会)の調査によると、障害福祉事業所348カ所のうち、前年同月と比較し4月の作業収入額が減収となった事業所は 256カ所(73.6%)、5月は 282 カ所(81.0%)でした

そして、あるネットショップでは、そうした作業所を応援するキャンペーンが実施されています。「そもそも作業所って、どんなところだろう」となじみがない人も、ネットでの買いものという形でできる応援について、考えてみませんか?

愛知・わーくす昭和橋自慢の野崎白菜本格中華まん製造風景

作業所の活動と、コロナ禍の現状はどんなもの?

作業所とは、障害者が日中に生産活動や労働を行う施設です。パンやお菓子、手芸品の作成やカフェの経営など、事業は施設によってさまざま。利用者は体調や生活リズム、適正にあわせて活動できます。

作業所の人たちがつくった商品は、地域の店舗や、バザーなどの行事で販売されます。そうした場所で販売される、お菓子や見かけたことがある人も多いのではないでしょうか。

しかし新型コロナウイルス感染拡大の影響が、イベントや実店舗に現れ、こうした施設の生産活動が減少しています

  • 生産活動への影響(きょうされんの調査を参考)
    • 販売会・イベントの中止
    • 販売活動の自粛
    • 保育園・学校からの、受注ストップ
    • 販売店・レストランの休業、短期営業
    • 利用客の激減
    • 委託業務のストップ など

作業所で働く人への影響は、収入の低下だけでなく、生活リズムの乱れや不安が心身の健康に表れることもあるようです。こうした状況を救うために活動する、ネットショップを紹介します

千葉・作業所hana石けりコロロ製造風景

ネットショップで作業所を応援できます!

TOMO市場(通称:ともいち)は、きょうされんが運営している、ネットショッピングモールです。障害のある人びとが働いている各作業所でつくられた商品を、ホームページから探して購入できます。

  • 購入できる商品
    • 洋菓子・和菓子
    • 冷凍食品・ジャム・発酵食品
    • パン
    • お茶・コーヒー
    • 調味料
    • 文具
    • 陶芸品
    • 衣類・タオル・エコバッグ
    • 生活雑貨 など

TOMO市場は現在「売り上げ減の作業所応援プロジェクト」を実施しています。新型コロナウイルス感染拡大の影響により、売り上げが大幅に減少した作業所のためのプロジェクトです。

売上金はすべて製造事業所へ還元し、障害者の仕事づくり・給料に寄与されます。

今とくに応援したい作業所の商品が購入できる、特設ショップです。オンライン・メール・FAXから注文できます。
<コロナ不況に負けるな!作業所応援ショップ>

特設Facebookの拡散も、情報を広めるための支援になります。
<Facebook「売り上げ減の作業所応援プロジェクト」>

TOMO市場の目的は、障害者の賃金や活動資金の確保だけでなく、障害者や作業所に対する社会の理解を広め、地域への貢献を行うことも含まれています。障害者の生産活動は、賃金や能力の向上だけでなく、社会との関わりも得られるでしょう。

支援や活動の参加は難しくても、いつも買いものする場所を少し変えるだけで、自分自身が障害者や施設と関わりがもてる。通販を楽しみとする人も多い今、生活の中でできる社会貢献を取り入れてみませんか?

千葉・作業所hana英字新聞エコバッグ製造風景
Share

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です